広島市郷土資料館

広島県・広島市南区 / 博物館

広島の農漁業ともの作りの歴史が分かる

広島市郷土資料館
水運と漁業の発展を紹介している

戦時中、日本陸軍の糧秣を調達する缶詰工場だった建物をリニューアルし、1985(昭和60)年に郷土資料館として開館。原爆の爆風でもたらされた傷痕が、今も一部残されている。広島湾で盛んなカキ養殖やノリ養殖の様子を、実際に使われた漁具や写真パネルで紹介する。地元の米や麻作りなどの農業、和傘や下駄作りなど県内で受け継がれる工芸の関連資料なども公開している。

  • 今日 31.5℃-
  • 明日 31.8℃25.8℃

広島市郷土資料館 スポット情報/アクセス

スポット情報

スポット名 広島市郷土資料館
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
定休日 月曜(祝日の場合翌日)。12、1月の火曜。祝日の翌日。12月29日~1月3日
料金 入館料
大人 100円
高校生及びシニア(65歳以上・要証明書提示) 50円
※中学生以下及び障害者、留学生、原爆障害者は無料(要証明書提示)

アクセス情報

住所 広島県広島市南区宇品御幸2-6-20MAP
交通アクセス 【電車】広島電鉄宇品二丁目駅から徒歩5分 【車】山陽自動車道広島ICから約30分
駐車場 10台 無料
お問合せ 082-253-6771
お問合せ 館内にエレベータなし。コインロッカーは無料(使用後100円返還)
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

[PR] おすすめ情報

イチゴ狩り特集