GWはひたち海浜公園のネモフィラを見に行こう

国営ひたち海浜公園・写真1

今年のゴールデンウィーク(以下、GW)は10連休。国内外関わらず旅行に出かける人も多いはず。そこで近年、人気を集めている絶景スポット「国営ひたち海浜公園のネモフィラ」はご存じでしょうか。Facebookで70万人近くもの“いいね!”を集める「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた、茨城県を代表する超絶景が、国営ひたち海浜公園のネモフィラです。ネモフィラがどんな花か、見頃時期、国営ひたち海浜公園までのアクセス方法やGW時期の注意点を紹介します。さらには、国営ひたち海浜公園以外でネモフィラが鑑賞できる全国各地のスポットも紹介するのでお見逃しなく。

【国営ひたち海浜公園】みはらしの丘一面に咲き誇る約450万本のネモフィラは圧巻のひと言

国営ひたち海浜公園・写真2

まずは、そもそも「ネモフィラ」って何なの?国営ひたち海浜公園のどこに咲いているの?といった基本的な情報を紹介していきたいと思います。

ネモフィラとは?その正体は、宝石の名を冠する雑草!?

国営ひたち海浜公園・写真3

ネモフィラは、ハゼリソウ科ネモフィラ属の花です。一年草で、例年4月中旬〜5月上旬に見頃を迎えます。品種はいくつかありますが、国営ひたち海浜公園で植えられているのは、インシグニスブルーという品種。
一般的に、ネモフィラの語源は「森を愛する」というギリシャ語に由来すると言われています。英語名は、「baby blue eyes(=赤ちゃんの青い瞳)」。その可憐な花の様子を赤ちゃんの純粋無垢な澄んだ瞳に例えるなんて素敵ですね。花言葉は「可憐」「清々しい心」「あなたを許す」「どこでも成功」。
花言葉に「どこでも成功」というのは少し違和感がありますが、実はこれにも理由が。一般的に、ネモフィラは雑草に匹敵する繁殖力があって、肥料少なめ、半日陰でも咲くと言われています。熱さや雨には弱いものの、寒さに比較的強い一年草で、その生命力は折り紙つき。

国営ひたち海浜公園・写真4

ネモフィラは、またの名をルリカラクサといいます。その名の通り花は瑠璃色で、シンプルなフォルムはその色の美しさを一層引き立てます。そもそも瑠璃は、日本古来より宝石につけられていた名前でした。一面に広がるネモフィラは、まるで宝石を敷き詰めたカーペットのよう。空や海に負けないほど美しい青色をしています。

国営ひたち海浜公園に咲くネモフィラの本数や広さは?公園のどこに咲いている?

国営ひたち海浜公園・写真5

国営ひたち海浜公園のネモフィラは、北側の「みはらしの丘」にあります。花が非常に小さいので、丘一面が青一色の絨毯に見えるのが特徴です。

国営ひたち海浜公園・写真6

園内で一番高い場所に位置しており、足元のネモフィラを見ながら丘を登る体験は格別です。そのスケールも文句なし!植栽面積約3万5000平方メートルに咲くネモフィラの数は、なんと約450万本!

国営ひたち海浜公園・写真7

さらに公園自体は港に面しているため、丘の上まで登ると太平洋を眺めることもできます。その名の通り、とても見晴らしがよい場所で、可憐なネモフィラの花と、青空と、そして海が見せてくれる日本最大級のパノラマ絶景は、毎年多くの人の目と心を癒し、楽しませています。
各メディアでも「青の絶景」や「空とつながる丘」として紹介された日本有数の絶景。GW期間を含む4月中旬から5月上旬のハイシーズンには、たくさんの人が訪れています。

【国営ひたち海浜公園】ネモフィラの例年の見頃時期と2019年の開花予想

ネモフィラに興味が湧いたら、次に大事なのはいつ見頃になるかということ。ここでは例年の見頃や、2019年の開花予想、さらには同時期に楽しめる花の情報を紹介します。

例年の見頃は4月中旬から5月中旬、2019年の開花予想はこれから

ネモフィラの見頃は例年、4月中旬から5月中旬にかけて。桜に比べると、見頃の時期は比較的長めです。
2019の見頃時期の予想についてはまだ発表されておらず、今後の動向が気になるところです。ウォーカープラスでも分かり次第、改めて情報更新・紹介する予定です。
また、ネモフィラは一般的に開花してから時間が経つにつれ色が薄くなっていきます。そのため、例年5月中旬までは花を楽しむことができますが、絶景を満喫するベストタイミングはやはりGWシーズンを含む4月中旬から5月上旬となるわけです。

【国営ひたち海浜公園】4月いっぱいならチューリップも楽しめる

国営ひたち海浜公園・写真8

東京ドーム約43個分の広大な園内には、季節の花が美しく咲き誇っています。そこで、この時期にもう一つおすすめしたいのが、カラフルなビタミンカラーが可愛いチューリップの花です。「たまごの森」と呼ばれるエリアに植えられた約230種25万本のチューリップは壮観です。

国営ひたち海浜公園・写真9

たまご型の遊具が並ぶ「たまごの森」は、背の高い松が生い茂り、木漏れ日が差し込む落ち着ける場所。遊具があるので子供が退屈しないのも子連れファミリーにはうれしいポイントです。
チューリップの見頃は、4月中旬から4月下旬まで。ネモフィラも同じく例年4月中旬から楽しめるので、同時に楽しみたい人は、4月中旬からGW始まってすぐの4月下旬までに訪れてみるのもおすすめです。また見頃時期についてはあくまで目安なので、ぜひ開花状況をチェックしておでかけください。

国営ひたち海浜公園の営業時間、GW期間中の混雑状況は?

毎年多くの人でにぎわう国営ひたち海浜公園。特に混雑が予想されるGW期間中は、計画的なプランで快適に過ごしたいもの。そこで、営業時間や鑑賞におすすめの時間帯、混雑状況、アクセス方法を紹介します。

GW期間中は早朝開園を利用して7:30に行くのがおすすめ

国営ひたち海浜公園・写真10

幻想的なネモフィラを一目見ようと毎年多くの人が国営ひたち海浜公園を訪れます。そこで混雑を回避するため、さらには朝露をうけてキラキラ光るネモフィラを見られる朝7:30~の早朝開園を狙っていくことをおすすめします。人が集中するGW期間は早朝に訪れても独り占めとまではなかなかいきませんが、比較的人の少ない時間帯に訪れることができれば、より一層壮大な世界に浸ることができます。
2019年の早朝開園は、4月27日(土)~5月6日(祝)に予定されています。

GW期間中の国営ひたち海浜公園はバスツアー参加者などで大混雑

国営ひたち海浜公園・写真11

国営ひたち海浜公園のネモフィラは各メディアで紹介された影響もあり、全国的にかなり有名になってきています。そうなると、多くのバスツアーが組まれ、見頃と重なるGW中、周辺道路は毎年渋滞します。
実際、この時期は10時を過ぎる頃から14時頃まではバスツアーなどの団体客も増えて、みはらしの丘周辺は大混雑になることも。GW中でも人が少ない状態でネモフィラの絶景を楽しみたいなら、できるだけ早朝に行くことをおすすめします。
また、2019年は空前の10連休。さらに前後も休暇を取るなど、日程を調整できる人はGW直前に行くことも検討したいところです。

国営ひたち海浜公園のネモフィラを見るなら公共交通機関か、車なら「西駐車場」が便利

国営ひたち海浜公園・写真12

先に紹介した通り、GW期間中は道路や駐車場の混雑が予想されます。駐車場や道路の混雑が心配な人は、朝少し早く出て電車とバスを利用した方が確実かもしれません。
ネモフィラが見られるみはらしの丘には海浜口駐車場が一番近いのですが、こちらはバーベキュー利用者が優先。さらに駐車場が狭い上、入口も遠く、混雑時は真っ先に満車になり、おすすめできません。IC最寄りで渋滞しますが、広大な西駐車場に駐車して、西口から入ることをおすすめします。
また車でのアクセスは、花の見頃時期はどうしても混雑しがちなので、渋滞の状況次第では西駐車場最寄りの「ひたち海浜公園IC」ではなく、「ひたちなかIC」または「常陸那珂港IC(区間無料)」から向かうルートも検討してみるのも一つの手です。

国営ひたち海浜公園 DATA

住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業:9:30~17:00 ※4月27日(土)~5月6日(祝)は7:30~
料金:入園料 大人450円、シルバー(65歳以上)210円 ※中学生以下は無料
交通:【車】東京・宇都宮方面からは、北関東自動車道~常陸那珂有料道路の「ひたち海浜公園IC」を降りてすぐ
いわき・仙台方面からは、常磐自動車道の「日立南太田IC」から約15km
【電車】JR常磐線・勝田駅から茨城交通バス(2番乗り場)に乗り、海浜公園西口、または南口で下車
駐車:普通車510円

なにより最新情報をチェックするのが大事!

ここまで国営ひたち海浜公園のネモフィラについて紹介してきましたが、花の見頃時期は天候要因で変わりやすく、絶対はありません。
そこでやはり大事になってくるのが最新情報をチェックすることです。国営ひたち海浜公園の公式ホームページでも見頃情報を更新していますので、最新情報をチェックして出かけましょう。
また、国営ひたち海浜公園のみはらしの丘は、春はネモフィラ、秋はコキア(ほうき草)やコスモスが咲きます。

国営ひたち海浜公園・写真13

ネモフィラの花が咲き終わるとすべて刈り取り、「みはらしの丘」には、コキアとコスモスが丘に植えられます。秋には紅葉したコキアで丘が真っ赤に染まります。

国営ひたち海浜公園・写真14

みはらしの丘に植え替えたコキアの苗は、育つに従って丸く可愛くなり、秋には紅葉します。ネモフィラがあった場所とは到底思えない、あまりの景色の違いに感動もひとしお!両方見ることで一層感動できるので、コキアの紅葉も必見です。
そして園内のおすすめポイントは花畑だけではありません。海に面した砂丘エリアや林間アスレチックなどがある草原エリア、樹林エリアなどたくさんのテーマエリアが存在します。

国営ひたち海浜公園・写真15

園内はかなり広いので、移動は園内で借りられるレンタサイクルがおすすめ。レンタルサイクルは大人400円、中学生以下250円で借りることができます(二人乗り自転車は2名分の料金が必要)。

国営ひたち海浜公園・写真16

そして園内には遊園地があるため、小さい子供のいる家族で行っても思う存分楽しめます。
さらには男心をくすぐられるBMXコースも! 初心者でも楽しめる一般コースから上級者向けの本格コースまであり、自転車もその場で借りることができます。その他、パターゴルフや林間アスレチックなどのアクティビティも盛りだくさん!都心ではなかなか体験できないアクティビティを楽しめるのが、国営ひたち海浜公園の魅力です。

■国営ひたち海浜公園以外でネモフィラを見られる場所

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた国営ひたち海浜公園のネモフィラはぜひ一度は見て欲しい絶景として大変おすすめなのですが、もちろん簡単には訪れられないという人もいると思います。そんな人はぜひお近くのネモフィラを見られる場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

その他全国のネモフィラスポットはこちら

おすすめ情報