特別展「古代メキシコ -マヤ、アステカ、テオティワカン」 国立国際美術館

このページをスマホで見る

営業期間:開催中~2024年5月6日(振休)

休み:月曜。ただし2月12日(振休)、4月29日(祝)、5月6日(振休)は開館し、2月13日(火)は休館

大阪府大阪市北区
特別展「古代メキシコ -マヤ、アステカ、テオティワカン」

国立国際美術館

赤の女王のマスク・冠・首飾り マヤ文明、7世紀後半 パレンケ、13号神殿出土 アルベルト・ルス・ルイリエ パレンケ遺跡博物館蔵
(C)Secretaria de Cultura-INAH-MEX. Foto: Michel Zabe
※ このイベントは終了しました。
大阪府のイベントはこちらからご確認ください。

3つの文明に焦点を当て、古代メキシコの遺物約140件を紹介

紀元前15世紀から後16世紀のスペイン侵攻まで、3000年以上にわたって繁栄したメキシコの古代文明。本展では「マヤ」、「アステカ」、「テオティワカン」を中心に、多彩な遺物約140件を紹介。メキシコ国立人類学博物館をはじめ、アルベルト・ルス・ルイリエ パレンケ遺跡博物館、テンプロ・マヨール博物館、テオティワカン考古学ゾーンなど、メキシコ国内の主要博物館から厳選した古代メキシコの至宝が集結。また、マヤの代表的な都市国家パレンケの黄金時代を築いたパカル王の妃とされる、赤い辰砂に覆われて見つかった通称「赤の女王」が、メキシコとアメリカ以外で初めて公開される。

見どころ

パレンケのパカル王と王妃(赤の女王)の墓やアステカの大神殿(テンプロ・マヨール)、テオティワカンの三大ピラミッドなど、メキシコが世界に誇る古代都市遺跡の魅力を、映像を取り入れた臨場感たっぷりの再現展示で体感することができる。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

  • 今日 26℃19℃
  • 明日 25℃18℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。