奈良国立博物館

仏教美術や奈良縁の伝統行事に関する資料を展示

奈良国立博物館
重要文化財のなら仏像館は宮内省内匠寮技師の片山東熊が設計

1895年に開館した仏教美術に関する博物館。敷地内のなら仏像館は、奈良で最初の本格的洋風建築で、建物自体が重要文化財に指定されている。館内では飛鳥時代から鎌倉時代までの貴重な仏像、中国・朝鮮半島の仏像など常時100体以上を展示している。また、東新館では毎年恒例の正倉院展をはじめ、各種の特別展を開催する。西新館では絵画・書跡・工芸品・考古遺品の名品展を行っており、ほぼ1ヶ月毎に展示替えを行っている。他にも、春日大社のおん祭や東大寺二月堂のお水取りなど、奈良に縁のある伝統行事に関する展示にも注力している。

  • 今日 31℃24℃
  • 明日 31℃23℃

奈良国立博物館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)。1月1日。臨時休館あり
営業時間 9:30~17:00 4月最終~9月中旬の金曜は~19:00(変更になる場合あり)。最終入館は各30分前まで
料金 名品展 一般 520円 大学生 260円 18歳未満及び70歳以上無料(要証明書提示)。特別展は別途定める
国宝・重要文化財

アクセス情報

住所 奈良県奈良市登大路町50MAP
交通アクセス 【電車】近鉄奈良駅から徒歩15分。JR・近鉄奈良駅からバスで氷室神社・国立博物館バス停下車すぐ 【車】西名阪自動車道天理ICから約20分
駐車場 ×
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
再入場
飲食店数 1
ショップ数 1
コインロッカー
お問い合わせ1 050-5542-8600
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【奈良県】