奈良県立美術館

絵画・工芸・彫刻や奈良に縁の深い作家の作品を収蔵

奈良県立美術館
ボランティアによる作品解説など来館者へのサービス向上を図っている

1973(昭和48)年、風俗史研究家で日本画家の吉川観方が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に開館された。近代陶芸の巨匠、富本憲吉をはじめとする奈良に縁の深い作家の作品を収集し、鎌倉時代から現代に至るまでの絵画、工芸、彫刻、書跡、風俗資料など4100点以上を所蔵する。これらの収集活動と作品の調査研究を基礎とした特別展や館蔵品展を実施しており、毎回100点前後の作品を公開している。

  • 今日 28℃21℃
  • 明日 28℃18℃

奈良県立美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)。展示替え期間。年末年始。特別展開催時は月曜開館する場合あり(詳細は公式サイト参照)
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 企画展観覧料 一般 400円 高・大学生 250円 小・中学生 150円 特別展観覧料 展覧会によって異なる

アクセス情報

住所 奈良県奈良市登大路町10-6MAP
交通アクセス 【電車】近鉄奈良駅から徒歩5分 【車】西名阪自動車道・名阪国道天理ICから約20分。第二阪奈道路宝来ランプから約10分
駐車場 × 近辺の有料駐車場利用
ベビーカー貸出
授乳室
再入場
コインロッカー
お問い合わせ1 0742-23-3968
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報