南湖公園

日本最古とされる公園を散策

南湖公園
南湖と周囲の自然が織り成す美しい風景が魅力
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

享和元(1801)年に12代白河藩主の松平定信によって築造された日本最古と言われる公園。南湖の名は、小峰城の南方にある湖の意味と、唐の歌人李白が洞庭湖で遊んだときに詠った南湖秋水夜無煙の詩句の投影と伝えられる。園内には、ヨシノザクラやマツ、カエデなどが植樹されており、季節ごとに姿を変える木々と自然の美しい風景が楽しめる。1周約2kmの南湖湖畔に点在する石碑と歌に詠まれた景色を愛でながら散策するのもおすすめだ。

  • 今日 23℃15℃
  • 明日 22℃16℃

南湖公園 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
花の種類 30 桜など
貸しボート

アクセス情報

住所 福島県白河市南湖地内MAP
交通アクセス 【電車】JR新白河駅からJRバス南湖公園下車すぐ 【車】東北自動車道白河ICから約15分
駐車場 〇 無料
ペット同伴
お弁当の持込
お問い合わせ1 0248-22-1147 白河観光物産協会
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報