令和6年春季展「幕末の茶の湯 ―箱書から見る伝統への眼差し―」湯木美術館

このページをスマホで見る

営業期間:2024年4月2日(火)~6月23日(日)

毎週月曜日(ただし4月29日(月祝)5月6日(月祝)は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)、5月14日(火)。入館は16時まで。

大阪府大阪市中央区
令和6年春季展「幕末の茶の湯 ―箱書から見る伝統への眼差し―」

湯木美術館

※ このイベントは終了しました。
大阪府のイベントはこちらからご確認ください。

幕末頃を中心とした茶人の箱書や作品を展示

江戸時代後期から明治までに活躍した茶人ゆかりの茶道具、またこの時期に製作された作品を展示。江戸時代後期は茶道人口が増え、利休らが活躍した古い時代の茶道具への再評価が高まり、新たな箱書が付けられることが増えた。また、茶道具のオリジナリティも求められ、海外の器をアレンジして作る「写し」も多数みられる。当時どのような茶道具が注目され、またどのような器が流行したのかを見られる展覧会。

情報提供:イベントバンク
  • 今日 30℃23℃
  • 明日 30℃21℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年6月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。