横浜開港資料館

横浜開港資料館

このページをスマホで見る

神奈川県横浜市中区
横浜開港資料館

横浜開港資料館

旧館の旧英国総領事館は横浜市指定文化財
画像提供:横浜開港資料館

貿易都市として発展した横浜の近代史が学べる

1854年3月31日の日米和親条約締結の地、横浜に1981年に開館した資料館で、江戸期から昭和初期までの横浜に関する資料約27万点を収蔵、常設展や企画展、閲覧室で紹介している。横浜の歩んできた道を、資料を通じて次の世代に伝えていく近代横浜の記憶装置としての役割を果たす施設だ。新館奥に立つ旧館は、旧英国総領事館で1931年に建てられたもので、1階中央の記念ホールは来館者の休憩室として使用されている。また、中庭には江戸時代からあったという横浜の歴史の生き証人タブノキ、通称たまくすがある。

見どころ

日米和親条約が結ばれた由緒ある地に位置する同館。江戸時代から昭和初期までの国内外の歴史資料資料を約27万点を所蔵し、展示や閲覧などで公開している。旧館は、旧英国総領事館だった建物。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

休日(土・日・祝日)の13:00~16:00頃が比較的混雑。 その他、学校団体の来館日

  • 今日 25℃16℃
  • 明日 22℃16℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

神奈川県のGW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。