天一美術館

群馬県利根郡みなかみ町
天一美術館
谷川の山々に囲まれた静かな空間が広がる
画像提供:天一美術館

銀座の名店ゆかりの芸術家の作品を展示

谷川岳を望む豊かな自然の中に溶け込む、和風の建物が印象的な美術館。各界の著名人がこぞって訪れたという、天ぷら料理の老舗「銀座天一」ゆかりの芸術家の作品を展示している。常設展示の注目は近代日本の洋画界で異彩を放った画家、岸田劉生の「麗子像」(油彩・1922)。数ある麗子像の中でも正面を向いたポーズが描かれているものは珍しく、貴重だ。企画展では赤い輪郭線などによる独自の様式を確立した熊谷守一の作品などを展示している(展示替えあり、内容は要問い合わせ)。また建物はロックフェラー邸を手掛けた建築家、吉村順三の遺作でもあり、見どころのひとつ。

天一美術館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 天一美術館
定休日 なし 1月6日から2月末まで冬季休館
営業時間 9:30~17:00 最終入館16:30
料金 入館料 大人(高校生以上)1300円、小中学生1100円
バリアフリー設計

アクセス情報

住所 群馬県利根郡みなかみ町谷川508MAP
交通アクセス 【電車】JR上越線水上駅からタクシーで約7分 【車】関越自動車道水上ICから約10分
駐車場 〇 20台 無料
お問い合わせ1 0278-20-4111
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【群馬県】