関東エリアのGWおすすめ潮干狩りスポット!ぷっくりおいしい貝を味わおう

いよいよ潮干狩りのシーズンが到来。3月中旬から6月にかけて産卵期を迎えるこの時期のアサリは、身がふっくら膨らみ、栄養もたっぷり!関東には、江戸時代から江戸前の漁場として知られていた船橋や木更津、親潮と黒潮の2つの海流がぶつかる潮目にあたる大洗など、さまざまな潮干狩りスポットが点在している。初心者でも気軽に楽しめる、関東のおすすめの潮干狩りスポットを紹介。

【久津間海岸の潮干狩り】アクアラインでアクセス抜群!

【画像】アクセス抜群の久津間海岸の潮干狩り

木更津市久津間海岸で開催される、毎年恒例の潮干狩り。東京湾アクアラインの木更津金田ICからも近く、都内や神奈川からもアクセスしやすい好スポット。無料大型駐車場が完備されているのも高ポイントだ。期間中は黄金のはまぐり探しのイベントも実施されている。自然干潟のため、当日の天候や海の状況により、時間変更や休業になることもあるので、行く前にチェックを。

【ふなばし三番瀬海浜公園 潮干狩り】シチュエーション問わず1日中遊べる!

首都圏屈指の潮干狩りスポット

市内はもとより、毎年首都圏から10万人近くの人が集まる、都心に最も近い潮干狩り場。公園にはコインロッカーや足洗い場が備わっているほか、潮干狩りに必要なクマデの貸し出し(有料)もある。また、噴水広場やバーベキュー場(有料・要予約)も整備され、小さな子供から大人のグループまで1日中楽しむことができる。潮干狩り期間中は、ふなばし三番瀬環境学習館で潮干狩りについての企画展も開催される。

【大洗サンビーチ海水浴場の潮干狩り】広大な自然の砂浜での潮干狩り

広大なビーチで開放感抜群

北関東最大級のビーチとして知られる、大洗サンビーチ。自然の砂浜で、天然のハマグリが無料で採れる、人気の潮干狩りスポットだ。ハマグリは沖合の干潟にいるので、干潮時を狙おう! そのほかにも、ホッキ貝(ウバ貝)、コタマ貝(ヒラ貝)などが採れる。資源保護のため、採取の場所や道具、採っていい貝の大きさには制限があるので、公式HPを要チェック。

詳細情報

■久津間海岸の潮干狩り
住所:千葉県木更津市久津間2265-3
開催:2020年4月5日(日)~7月5日(日)※休業日あり
時間:天候条件・海の条件等によって異なる
番号:0438-41-2696(久津間漁業協同組合)、0438-41-3850(海の家※潮干狩りの営業時間内のみ)
料金:大人(中学生以上)1800円/2キログラムまで、子供(4歳以上小学生まで)900円/1キログラムまで、超過採貝900円/1キログラム
駐車場:なし
HP:http://www.kuzuma.or.jp

■ふなばし三番瀬海浜公園 潮干狩り
住所:千葉県船橋市潮見町40
開催:2020年4月21日(火)~6月7日(日)
時間:日によって異なる
番号:047-435-0828
料金:大人(中学生以上)450円、前売400円、子供(4歳以上)220円、前売200円 ※アサリの持ち帰りは90円/100グラム
駐車場:408台(要予約) 普通車500円、大型車(マイクロバスを含む)2200円
HP:https://www.sambanze.jp/facility/park/shell_gathering.html

■大洗サンビーチ海水浴場の潮干狩り
住所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先(大洗サンビーチ海岸)
開催:2020年4月中旬~6月末
時間:干潮時、前後1時間位(※大潮の時期が適している)
番号:029-266-0788(大洗観光協会 8:30~17:00 ※月曜定休日)
料金:無料
駐車場:7000台無料※GW期間・海水浴期間有料(普通車1000円/1日、中型車1300円/1日、大型車3000円/1日、二輪車400円/1日)
HP:http://www.oarai-info.jp/page/page000011.html

おすすめ情報