門司港美術工芸研究所

福岡県北九州市門司区
門司港美術工芸研究所
平成28年に門司港レトロ地区に移転した門司港美術工芸研究所外観
画像提供:門司港美術工芸研究所

多彩なジャンルの作品に出合える

北九州から美術工芸分野の芸術家を輩出したいという思いのもと、若い人材を支援し、芸術を核としてまちづくりの活性化を図ることを目的に設置された。前身である「門司港アート村」は、平成14年に旧庄司小学校の校舎を利用して開設。平成23年には北九州市文化振興計画に基づき「門司港美術工芸研究所」と名称を変え、新しい出発をした。以来、全国でも例を見ない北九州市の美術工芸分野の人材育成機関として評価され、様々な活動を行っている。平成28年には、門司港レトロ地区へ移転。海峡のまち門司港は、かって貿易港として栄え多様な文化や物、人々が行き来したまちで、研究所周辺には今も歴史ある建造物が数多く残り、大切に保存・活用されている。関門海峡を望むアトリエで、研究員はそれぞれに思いを巡らせ切磋琢磨しながら日々創作に励んでいる。個展や研究所展、屋外彫刻の制作やワークショップ等、新たな取り組みにも挑戦し、その活動の場は年々広がっている。

門司港美術工芸研究所 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 門司港美術工芸研究所
定休日 月曜(祝日の場合は開館) 年末年始
営業時間 10:00~17:00
お弁当の持込
再入場

アクセス情報

住所 福岡県北九州市門司区東港町6-72 港ハウス2FMAP
交通アクセス 【電車】JR門司港駅から徒歩5分 【車】九州自動車道門司ICから約8分
駐車場 ×
お問い合わせ1 093-322-1235
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【福岡県】