手錢美術館

手錢美術館

手錢美術館

展示物だけでなく蔵の雰囲気が残る館内も興味深い
画像提供:手錢美術館

出雲縁の名品を常設展示する蔵の美術館

1993年4月に開館した美術館で主に出雲地方の美術や伝統工芸などを紹介する。第一展示室の企画展示では、江戸時代の掛軸、屏風、刀剣、古文書など、日本の美術、工芸、文化を幅広く紹介。第二展示室では、松平不昧縁の楽山焼と布志名焼、歴代小島漆壺齋の漆器などを常時数百点展示している。

見どころ

館の建物は江戸時代に立てられた米蔵と酒蔵を改装したもので、第二展示室は酒蔵として1860(安政7)年に建てられた後、1903(明治36)年まで小学校として利用されていた。蔵の静かな空間内で作品や庭園が鑑賞できるのが大きな特徴だ。

  • 今日 31℃25℃
  • 明日 30℃25℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

手錢美術館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 手錢美術館
住所 島根県出雲市大社町杵築西2450-1MAP
料金 有料
全体備考 再入場:入場券提示

アクセス情報

住所 島根県出雲市大社町杵築西2450-1MAP
交通アクセス 【電車】一畑電鉄出雲大社前駅から徒歩15分 【車】山陰自動車道出雲ICから約15分または斐川ICから約25分
駐車場 〇 30台 無料
お問い合わせ1 0853-53-2000
公式サイト 公式サイトほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【島根県】

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。