平城宮跡歴史公園

平城宮跡歴史公園

このページをスマホで見る

奈良県奈良市
平城宮跡歴史公園

平城宮跡歴史公園

復原工事が進められ当時の姿を徐々に取り戻している
画像提供:平城宮跡管理センター

奈良の都の中心地

710年の平城京遷都により誕生した平城京は、784年に都が長岡京へ移されるまでの約70年間、日本の都として栄えた中心地。平城京自体は794年の平安遷都後に解体されてしまうが、周辺の寺院などを含め、南都として大きな影響力を持った。その後、明治時代に平城宮跡の保存運動が起こり、1959年より継続的な発掘調査が開始。平城宮の正門であった朱雀門、宴が催された東院庭園、天皇の即位や国家儀式が行われた第一次大極殿、大極門(南門)が復原されており、当時の姿を徐々に取り戻している。現在、2025年の完成を目指し、第一次大極殿院東楼の復原工事が進められている。

  • 今日 31℃24℃
  • 明日 31℃23℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年5月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。