藤路の桜・向小駄良番所跡公園

宮本武蔵が植樹したといわれる桜が見守る

藤路の桜・向小駄良番所跡公園
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

かつて越前街道の監視のために、要衝である油坂峠にあった番所跡を公園として整備。県指定天然記念物に選ばれた藤路の桜と呼ばれる樹齢約600年、高さ18m、幹の太さ3.58m、枝の広がり23mのエドヒガンザクラの巨木は、宮本武蔵が逗留の礼として植樹したと伝えられている。また、園内には映画『さくら』の主人公となった白鳥町出身の桜守・佐藤良二の顕彰碑がある。

  • 今日 35℃24℃
  • 明日 34℃25℃

藤路の桜・向小駄良番所跡公園 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
営業時間 終日開放

アクセス情報

住所 岐阜県郡上市白鳥町向小駄良MAP
交通アクセス 【電車】長良川鉄道美濃白鳥駅から徒歩30分 【車】中部縦貫自動車道白鳥西ICから約2分
駐車場 〇 10台 無料
ペット同伴
お弁当の持込
お問い合わせ1 0575-82-5900 白鳥観光協会
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報