台東区立書道博物館

台東区立書道博物館

このページをスマホで見る

東京都台東区
台東区立書道博物館

台東区立書道博物館

館内の日本庭園には中村不折の像が立つ
画像提供:台東区立書道博物館
※ このデータは2023年のものです。
最新情報は順次更新予定です。

漢字の歴史を本物の考古品からたどる

洋画家であり書家でもあった中村不折(なかむらふせつ)が収集した、中国および日本の書道史研究における重要なコレクションを有する博物館。重要文化財12点、重要美術品5点を含む、書に関する名品など約1万6000点が所蔵されている。開館当初に建てられた本館には、漢字の始まりとされる甲骨文や、青銅器、石碑、仏像、文房具などを展示。一方、新館の中村不折記念館では、特別展や企画展が開催され、テーマに応じて中国や日本の書跡や拓本、不折の作品などを展示している。江戸の情緒漂う庭園を囲むように、明治・大正期の蔵、昭和期に建てられた本館、平成に入って新設された不折記念館があり、各時代の建築様式の違いも楽しめる。

  • 今日 19℃18℃
  • 明日 30℃18℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2023年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。