木更津市郷土博物館金のすず

木更津市郷土博物館金のすず

このページをスマホで見る

千葉県木更津市
木更津市郷土博物館金のすず

木更津市郷土博物館金のすず

1950年の発掘調査で、二子塚と呼ばれていた古墳から金のすずが発見された
画像提供:木更津市郷土博物館金のすず

巨大前方後円墳からの出土品を公開

金のすずというユニークなネーミングは、市内で発掘された前方後円墳の金鈴塚古墳に由来する。館内では、重要文化財の大刀や馬具など千葉県金鈴塚古墳出土品を公開。また、重要有形民俗文化財の上総掘りの用具や県の指定文化財になっている東京湾のり生産用具など、人々の生活に根ざした郷土資料も展示している。

見どころ

国指定重要文化財である千葉県金鈴塚古墳出土品の中でも、特に金鈴は国内の古墳では唯一の出土例。金の純度約98%、大きさ約1cm、重さ約1gの小さく可愛らしい鈴を5点展示している。

  • 今日 33℃25℃
  • 明日 32℃24℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。