歴史と文化の美術館 わらべの里

歴史と文化の美術館 わらべの里

このページをスマホで見る

山形県山形市
歴史と文化の美術館 わらべの里

歴史と文化の美術館 わらべの里

明治天皇が休息する場として多大な財と年月をかけて建てられた明治天皇行在所
画像提供:歴史と文化の美術館 わらべの里

明治時代や江戸時代の貴重な日本文化を知ろう

わらべの里は5棟の木造建築物から成る美術館。明治天皇が行幸した際に休息の場となった行在所、明治中期の2階建米蔵の庄屋の蔵、釘を使わない組立工法で建てられた江戸後期の平屋建築物の古しえの家、槐(えんじゅ)という贅沢な木で建てられた明治中期の座敷蔵、雅の蔵、そして江戸末期の豪商の母屋を復元した彌平治亭で構成される。それぞれに、江戸時代の山形藩主ゆかりの品から、蔵王温泉を訪れた菊池寛ら文人が書き残した色紙や書画などを展示する。併設の彌平治亭はクラフトビールの醸造所になっておりオリジナルのビールを楽しめる。

  • 今日 34℃19℃
  • 明日 33℃18℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。