那覇市立壺屋焼物博物館

沖縄伝統の磁器を詳しく解説

那覇市立壺屋焼物博物館
常設展示では陶芸作品が並ぶ
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

沖縄の土器や陶磁器を中心に紹介する博物館。那覇市内では、躍動感のある図柄が特徴の磁器が古くから作られ、館名にもある壺屋周辺がその産地になっていた。常設展は磁器の作品を多数紹介すると共に、製法も詳しく分かる内容となっている。博物館の建設地から出土したニシヌ窯も、ほぼそのままの位置に展示している。映像シアターに行けば、昔の陶工の暮らしぶりや焼物に懸ける彼らの思いがうかがい知れる。

那覇市立壺屋焼物博物館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 那覇市立壺屋焼物博物館
定休日 月曜(祝日の場合開館)、12月28日~1月4日、臨時休館あり
営業時間 10:00~18:00 最終入館17:30
料金 常設展示観覧料 一般 350円 大学生以下無料
撮影可否 可 一部のみ
ベビーカー貸出
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
再入場
コインロッカー
全体備考 再入場:当日限り おむつ交換室:障害者用トイレに交換台あり

アクセス情報

住所 沖縄県那覇市壺屋1-9-32MAP
交通アクセス 【電車】ゆいレール牧志駅から徒歩12分 【車】那覇空港から約20分
駐車場 〇 3台 無料
お問い合わせ1 098-862-3761
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報