国指定重要文化財 新垣家住宅

国指定重要文化財 新垣家住宅

このページをスマホで見る

沖縄県那覇市
国指定重要文化財 新垣家住宅

国指定重要文化財 新垣家住宅

やちむん通りから見えるチブルシーサー
画像提供:那覇市立壺屋焼物博物館

琉球王国からつづく陶工の家

新垣家住宅は、那覇市壺屋に所在する陶工の住宅で、1974(昭和49)年まで陶業を営んでいた。約400坪の屋敷内には、赤瓦を連ねた主屋、作業場、離れ、登窯(のぼりがま)や石造の「フール」(豚小屋兼便所)、石垣などが残っている。新垣家は琉球王国時代、1682(康熙21)年の壺屋統合の頃に読谷から移住してきたと伝えられており、代々親雲上(ペーチン)の称号を有し、壺屋陶業での中心的役割を果たしてきたと考えられている。平成14(2002)年12月26日に国の重要文化財として指定された。

見どころ

新垣家住宅は、やちむん通りから見える屋根のチブルシーサー(頭部だけのシーサー)が目印。また、公開エリアには通称「東ヌ窯」(アガリヌカマ)と呼ばれる、全長約23m、幅約4mで、赤瓦の屋根で覆われた登窯があり真近で見ることができる。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

  • 今日 19℃16℃
  • 明日 20℃15℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2023年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

沖縄県のGW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。