中津市木村記念美術館

中津市木村記念美術館
和と洋が調和した造りの小さな美術館
(c)中津市教育委員会
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

洋画家・中山忠彦の作品をはじめ収蔵総数は約800点

中津城の南に位置し、コンクリートの打ちっぱなしに和の素材を取り入れた近代的建築が特徴。日本画壇を代表する洋画家・中山忠彦をはじめ、糸園和三郎など地元作家の作品を中心に、洋画、日本画、版画、工芸、書など約800点を収蔵している。常設展は、季節ごとに年4回展示替えを行う他、企画展も実施。施設は大きくはないが作品との距離が近く、じっくりと観覧できる。関連図録などを備えた読書コーナーもあり、中庭を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。

中津市木村記念美術館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 中津市木村記念美術館
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日) ※展示替え休館あり
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 観覧料 大人 200円 大学生 100円 高校生 100円 中学生以下無料 団体割引料金(20名以上) 大人 150円 大学生 70円 高校生 70円 中学生以下無料
再入場
全体備考 再入場:当日に限る

アクセス情報

住所 大分県中津市1366-3(片端町)MAP
交通アクセス 【電車】JR日豊線中津駅から徒歩15分 【車】東九州自動車道苅田北九州空港IC、大分自動車道日田ICから約60分
駐車場 〇 40台 無料
お問い合わせ1 0979-22-7767
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【大分県】