玉名市立歴史博物館こころピア

古代・中世・近世の玉名市の歴史が学べる

玉名市立歴史博物館こころピア
情報検索コーナーやまが玉作りを体験できるコーナーも
(C)玉名市立歴史博物館こころピア

河と共に発展した玉名をテーマに、玉名市の成立やその特性などを紹介する博物館。熊本県北最大の菊池川が有明海に注ぐところに位置する玉名市は、その地理的特性を活用し古代以来重要な港市として、また玉名郡や県北部の商業や流通、文教などの拠点として栄えてきた。常設展では玉名市の歴史を日置氏全盛の時代(古代)、海外交易の時代(中世)、廻船と高瀬御蔵の時代(近世)の3部に分けて紹介している。古代についての展示では、市を代表する装飾古墳の模型や舟形石棺、古墳から出土した貴重な遺物が並ぶ。中世では唐船模型や高瀬港に日本で最初に陸揚げされた大砲のレプリカなどで、海外交易の港として繁栄した歴史を紹介し、近世では県北の肥後米の積出港として賑わう町の様子をジオラマで展開している。

  • 今日 32℃19℃
  • 明日 28℃19℃

玉名市立歴史博物館こころピア スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)。祝日の翌日(日曜は開館)。12月28日~1月4日
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 観覧料 一般 300円 大学生 200円 高校生以下無料

アクセス情報

住所 熊本県玉名市岩崎117MAP
交通アクセス 【電車】JR玉名駅または新玉名駅からバスで玉名市民会館前下車すぐ 【車】九州自動車道菊水ICから約15分
駐車場 〇 50台 無料
バリアフリー設計
予約 ◯ 団体及び複数人でまが玉作りなどの体験希望者は要予約
お問い合わせ1 0968-74-3989
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報