長崎市須加五々道美術館

水墨画と西洋美術を融合した須加五々道の作品を展示

長崎市須加五々道美術館
明治中期の洋風住宅を生かして復元した建屋も見どころ
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

旧外国人居留地の町並みが残る、長崎の南山手伝統建造物群保存地区にある34棟の1つ、南山手乙9番館を改修し2002年11月に開館した美術館。長崎市出身の日本画家・須加五々道の作品約20点を展示している。長くヨーロッパ生活を送り、中国をはじめとする世界各国へ歴訪した須加は、水墨画の技術を基調に西洋美術の遠近法を融合させた、新日本画と呼ばれる独自の画風を確立した。館内には須加本人から寄贈された「彩梢」や「農婦」本画なども展示されている。繊細な墨線で描かれた日本の風景美・自然美からは、須加が追及した究極の美を感じられる。

  • 今日 31℃22℃
  • 明日 29℃21℃

長崎市須加五々道美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 入館料 大人(15歳以上) 100円 子供(小学生以上) 50円 小学生未満無料 ※大人料金は中学生除く 団体割引料金(15名以上) 大人(15歳以上) 80円 子供(小学生以上) 30円 小学生未満無料 ※大人料金は中学生を除く

アクセス情報

住所 長崎県長崎市南山手町3-17MAP
交通アクセス 【電車】JR長崎駅から路面電車正覚寺行きに乗り築町駅で下車、石橋行きに乗り換え大浦天主堂下駅から徒歩5分
駐車場 ×
ほじょ犬同行
ATM
お問い合わせ1 095-820-3328 電話番号およびFAX
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報