三川内焼美術館

佐世保の三川内焼の職人技に触れる

三川内焼美術館
佐世保の伝統工芸品に伝わる由来なども学べる
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

佐世保が誇る伝統工芸品、三川内焼の伝統的な技法の継承と後継者の育成を図ると共に、三川内焼振興を主な目的として開設した美術館。三川内焼は、白磁に呉須(ゴス)と呼ばれる藍色の染料で図柄が描かれる染め付けや、飾り香炉などの美術品を繊細な彫刻で仕上げる透かし彫り、透き通るような薄さを身上とする薄胎(ハクタイ)などがある。同館では、一般に古平戸と言われる三川内焼古美術の逸品と、400年の伝統を受け継ぐ現代三川内焼の秀作を数多く展示している。また、楽焼(絵付け)や透かし彫りの体験(絵付け1000円/1個。10~15日で完成後発送。透かし彫り2000円~/1個。20~25日で完成後発送)もできる。

  • 今日 30℃21℃
  • 明日 27℃24℃

三川内焼美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 12月29日~1月3日
営業時間 9:00~17:00
料金 入館無料
国宝・重要文化財 ◯ 市の重要文化財

アクセス情報

住所 長崎県佐世保市三川内本町343MAP
交通アクセス 【電車】JR三川内駅から徒歩7分
駐車場 〇 無料
バリアフリー設計
お問い合わせ1 0956-30-8080
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【長崎県】