鳥取砂丘 砂の美術館

永遠に残らないがゆえの美しさが魅力の砂像

鳥取砂丘 砂の美術館
メインは屋内展示となっており、雨天時でもゆっくりと鑑賞できる。館内からは鳥取砂丘が望める

自然が長い歳月をかけて創り出した鳥取砂丘。水で固めただけの砂の塊を彫り、新たな造形美として創り出した彫刻芸術、砂像を展示する世界で唯一の砂像専門の美術館として2006年11月に開館。砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している茶圓勝彦が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示している。展示施設を整備した2012年からは「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、毎年テーマを変えて展示を行っている。毎年4月末から翌1月初旬までの会期が終われば、砂像は元の砂に返っていく。永遠に残らないがゆえの美しさが、砂像のもつ大きな魅力の1つとなっている。なお、会期は変更の場合もあり、会期期間外は砂像制作と会場整備などのため休館となる。

  • 今日 29℃21℃
  • 明日 29℃22℃

鳥取砂丘 砂の美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 会期中は無休。会期外は休館
営業時間 9:00~20:00 最終入館19:30
料金 入場料 一般 600円 小・中・高校生 300円 小学生未満無料。障害者割引あり(要証明書)
撮影可否 可 商用利用、コンテスト利用は撮影不可(相談可能な場合もあり)。個人の通常撮影やブログ投稿は可能

アクセス情報

住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17MAP
交通アクセス 【電車】JR鳥取駅から鳥取砂丘行きバスに乗り砂の美術館前下車徒歩1分 【車】鳥取自動車道鳥取ICから約20分
駐車場 〇 23台 無料 (普通乗用車20台、バス3台)
ベビーカー貸出
おむつ交換室
バリアフリー設計
お問い合わせ1 0857-20-2231 砂の美術館事務所
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【鳥取県】