香雪美術館

兵庫県神戸市東灘区

美術品と共に建築物も必見の価値あり

香雪美術館
美術館前庭の茶室で年に数回、梅園会を開催

朝日新聞社創業者の村山龍平が収集した日本と東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館で1973(昭和48)年に開館した。重要文化財18点、重要美術品22点をはじめとした所蔵品は仏教美術、書跡、近世絵画、茶道具、漆工芸、武具などで、毎年春と秋のコレクション展で公開されている。また、日本美術の様々な作家に焦点を当てた企画展や、講演会と茶会を併せた梅園会を年数回開催している。明治、大正期の文化と建築技法を今に伝える旧村山家住宅(国指定重要文化財)は、毎年春と秋に庭園見学会を実施、外観を公開する他、秋には茶室棟や書院棟、館藏の茶道具などを使った玄庵茶会を催し、伝統文化を体験する機会も提供している。

  • 今日 30℃25℃
  • 明日 31℃24℃

香雪美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 夏季、冬季
営業時間 10:00~17:00 最終入館16:30
料金 入館料 大人 700円 高・大学生 450円 中学生以下無料。障害者割引あり(要証明書)。特別展は別途定める
撮影可否 可 展示室内撮影不可。三脚、一脚使用不可
国宝・重要文化財

アクセス情報

住所 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1MAP
交通アクセス 【電車】阪急電鉄御影駅から徒歩5分 【車】阪神高速3号神戸線魚崎ランプから約10分
駐車場 ×
バリアフリー設計
再入場
お問い合わせ1 078-841-0652
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報