朝日町教育文化施設 朝日町歴史博物館

三重県三重郡朝日町

飛鳥時代からの朝日町の歴史に触れる

朝日町教育文化施設 朝日町歴史博物館
建物外観
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

朝日町は、三重県北部に位置する約6平方キロメートルの小さな町。その中心部に位置する朝日町歴史博物館では、飛鳥時代建立の縄生廃寺三重塔の模型や、江戸時代の国学者・橘守部、江戸末期の陶芸職人・森有節、明治から大正時代の日本画家・栗田真秀や水谷立仙、俳人・中村古松など、朝日町の歴史に名を刻んだ偉人の作品を一堂に集め、展示している。

  • 今日 20℃17℃
  • 明日 20℃18℃

朝日町教育文化施設 朝日町歴史博物館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜・祝日・月末(月末が土日の場合は翌週の火曜日)・年末年始
営業時間 09:00~17:00
料金 入館無料
国宝・重要文化財 ◯ 三重県縄生廃寺塔心礎納置品

アクセス情報

住所 三重県三重郡朝日町柿2278MAP
交通アクセス 【電車】近鉄名古屋本線伊勢朝日駅から徒歩15分、JR関西線朝日駅から5分
駐車場 〇 57台 無料
おむつ交換室
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
お弁当の持込 ◯ エリア限定
再入場
お問い合わせ1 059-377-6111
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報