勝山城博物館

武具や合戦図屏風などを展示する博物館

勝山城博物館
石垣から天守閣の上の鯱まで57.8m。天守閣の高さは日本一だ
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

天守閣の形で建てられた博物館。勝山市名誉市民第1号に選ばれた実業家の多田清(1905-1991)によって建てられ、1992年に博物館として開館した。江戸時代の諸大名が持っていた武具や武家の女性の着物、合戦図屏風などを日本各地から収集、展示している。他にも、中国清代の刺繍コレクション、勝山出身の西脇呉石の書などを紹介している。2階ホールでは洋画家の今井俊満による大障壁画「日本の四季」が見学できる。さらに、最上階は展望室となっており、勝山市や大野市の街並み、国史跡の平泉寺旧境内などが一望できる。

  • 今日 15℃5℃
  • 明日 19℃10℃

勝山城博物館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 水曜(祝日の場合開館)。2015年4月29日(祝)、5月6日(水)は開館
営業時間 9:30~16:30 最終入館16:00
料金 入館料 大人(18歳以上) 500円 小・中・高校生 200円 小学生未満無料

アクセス情報

住所 福井県勝山市平泉寺町平泉寺85-26-1MAP
交通アクセス 【電車】えちぜん鉄道勝山駅からバスで平泉寺口下車、徒歩3分 【車】北陸自動車道福井北ICから約40分
駐車場 〇 75台 無料
おむつ交換室
バリアフリー設計
再入場
飲食店数 1
ショップ数 1
お問い合わせ1 0779-88-6200
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【福井県】