兼六園

日本三名園に数えられる、金沢を象徴する特別名勝

兼六園
歴代の加賀藩主が作り上げた日本三大名園の1つ

金沢のシンボルで国の特別名勝であり、日本三名園の1つに数えられる庭園。江戸時代に加賀藩主により、長い年月をかけて作られたが、13代藩主の前田斉泰が現在のような一大庭園に造り上げた。複数の池と、それを結ぶ曲水があり、掘り上げた土で山を築き、多彩な樹木を植栽しているため、林泉廻遊式庭園と言われる。その広さは約11万4000平方メートルに及び、明治7(1874)年に藩主の庭から広く市民の庭へと解放された。数ある見どころの中でも、琴の糸を支える琴柱に似ていることから名付けられた徽軫(ことじ)灯籠は、兼六園を代表する景観となっている。また、雪害から樹木を守る雪吊りは北陸の冬の風物詩として毎年11月1日から作業が行われる。

  • 今日 24℃10℃
  • 明日 24℃16℃

兼六園 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
営業時間 3月1日から10月15日まで7:00~18:00、10月16日から2月末日まで8:00~17:00
料金 入場料 大人(18歳以上)310円 小人(6~18歳未満)100円

アクセス情報

住所 石川県金沢市兼六町1番MAP
交通アクセス 【電車】JR金沢駅からバスで兼六園下・金沢城下車徒歩5分 【車】北陸自動車道金沢西ICまたは金沢東ICから約30分
駐車場 × 近隣に有料駐車場あり
再入場
コインロッカー
お問い合わせ1 076-234-3800 石川県金沢城・兼六園管理事務所
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報