ミュージアム都留

城下町として栄えた都留市の歴史を巡る

ミュージアム都留
色鮮やかな八朔祭の飾幕
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

1994(平成11)年4月に開館した博物館で、かつて城下町として栄えた都留市の歴史を巡ることができる。館内では、江戸時代から続く八朔祭りで曳き出される屋台、江戸の浮世絵師によってデザインされた飾り幕を常設展示している。また、江戸時代に都留市で盛んだった郡内縞(ぐんないじま)をはじめとする絹織物、松尾芭蕉が約半年間滞在して俳句を残したなどを映像他で分かりやすく解説している。

ミュージアム都留 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 ミュージアム都留
定休日 月曜(祝日の場合翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日、臨時休館あり
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 入館料(企画展・常設展) 一般 300円 高校生・大学生 200円 小学生・中学生 100円 入館料(特別展) 一般 600円 高校生・大学生 400円 小学生・中学生 200円
バリアフリー設計
ほじょ犬同行

アクセス情報

住所 山梨県都留市上谷1-5-1MAP
交通アクセス 【電車】富士急行谷村町駅から徒歩2分 【車】中央自動車道都留ICから約10分
駐車場 〇 20台 無料
お問い合わせ1 0554-45-8008
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報