国立公文書館

多彩な企画展を行う歴史文書の宝庫

国立公文書館
歴史資料として重要な公文書等の保管を行う
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

国の歴史資料として重要な公文書等を保存し、閲覧や写しの交付などの一般利用を目的とした施設。所蔵する資料は、日本国憲法、閣議資料などの他、明治政府が江戸幕府から受け継いだ貴重な古書や古文書、重要文化財など膨大な点数に上る。常設展の他、春・秋の特別展示会なども開催しており、そのテーマは公文書関連のものから江戸文化や三国志まで、多彩なジャンルに及ぶ。また、Webサイトのデジタルアーカイブから、所蔵する公文書等の目録やデジタル画像などの検索が行える。

国立公文書館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 土・日曜、祝日、年末年始 展示期間中などは臨時開館の場合あり。詳細は公式サイトを参照
営業時間 9:15~17:00
撮影可否
国宝・重要文化財

アクセス情報

住所 東京都千代田区北の丸公園3-2MAP
交通アクセス 【電車】東京メトロ竹橋駅から徒歩5分
駐車場 ×
バリアフリー設計
再入場
ショップ数 1
コインロッカー
お問い合わせ1 03-3214-0621 (代表)
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報