君津市立久留里城址資料館

君津市立久留里城址資料館

このページをスマホで見る

千葉県君津市
君津市立久留里城址資料館

君津市立久留里城址資料館

甲冑から武士の気迫が伝わる
君津市立久留里城址資料館提供

武将たちの息づかいが聞こえる房総の名城跡

戦国時代から江戸時代をとおして続いた房総の名城、久留里城の二の丸跡に建てられた資料館。展示室には歴代城主ゆかりの品々や甲冑、刀剣の他、君津市内の出土遺物や地域の信仰や文化に関する資料が並ぶ。屋外には久留里藩と縁のある新井白石の銅像があり、明治時代に考案された井戸掘り技術「上総掘り」の足場も復元されている。150mほど離れた本丸跡には天守閣が再建され、周辺の山並みが一望できる。※現在、2023年5月の地震により、天守閣瓦が被災したため、天守閣内部には立ち入れない。資料館は通常開館。

見どころ

戦国時代に里見氏が整備した房総最大級の山城、久留里城。小田原北条氏との合戦の歴史がある。その後、徳川家康が関東に入って以降は、大須賀氏、土屋氏、黒田氏といった徳川の譜代大名が配置され、明治維新まで続いた。いまも城山随所には、山城特有の遺構である「曲輪(くるわ)」「堀切(ほりきり)」などが良好に保存され、戦国武将たちの息づかいを伝えている。また、二の丸跡周辺の絶壁からは、里見-北条が争ったと伝わる古戦場や、江戸時代の城主黒田氏のころの三の丸跡がのぞめ、一見の価値あり。

  • 今日 35℃25℃
  • 明日 32℃25℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。