観瀾亭・松島博物館

観瀾亭・松島博物館

このページをスマホで見る

宮城県宮城郡松島町
観瀾亭・松島博物館

観瀾亭・松島博物館

藩主等の賓客の間「御座の間」
画像提供:松島町

伊達藩邸だった建物と松島にゆかりのある品を展示する博物館

観瀾亭は、文禄年中に伊達政宗公が豊臣秀吉から拝領した伏見桃山城の一部だった建物。江戸の伊達藩邸に移築したものを、二代目藩主の忠宗が松島に移設したと伝えられている。伊達家藩主の納涼観月の場として使われていた。現在は内部が開放されている。抹茶(有料)を提供しており、景色を楽しみながら過ごすことができる。隣接する博物館(観瀾亭と入館料共通)には松島にゆかりのある文化財が展示され、当時の様子を知ることができる。

見どころ

国宝・重要文化財:宮城県重要文化財。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

土・日・祝日はやや混雑あり

  • 今日 23℃15℃
  • 明日 27℃16℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。