三笠市立博物館

アンモナイト化石の展示数は日本一

三笠市立博物館
ずらりと並ぶ巨大なアンモナイトの化石
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

館内には1千点以上の化石資料が並び、26個もある直径1mあまりのアンモナイトは大迫力だ。約1億年前の白亜紀に北海道の海を泳いでいたアンモナイトの化石を、見るだけでなく触ることができる。ほかにも、巨大な二枚貝イノセラムスや、1976(昭和51)年に市内で発掘された天然記念物エゾミカサリュウの化石も展示。また、かつて道内初の炭鉱の町として栄えた三笠市の歴史も展示している。

三笠市立博物館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 毎週月曜(祝日の場合は翌日)、冬期間(12月~3月)の祝日、年末年始(12月30日~1月4日) 5月4日(祝)の振替休日は7日(木)
営業時間 09:00~17:00 LO:16:30
料金 入館料 大人 450円 大学生 450円 高校生 450円 中学生 150円 小学生 150円 20名以上の団体は2割引。三笠鉄道記念館との共通券もあり(要問い合わせ)

アクセス情報

住所 北海道三笠市幾春別錦町1-212-1MAP
交通アクセス 【電車】JR函館本線岩見沢駅からバスで幾春別町下車、徒歩5分 【車】新千歳空港から90分
駐車場 〇 80台 無料
おむつ交換室
バリアフリー設計
ペット同伴 ◯ 腕に抱く場合はペット同伴可
お弁当の持込 ◯ エリアによって可
再入場
ショップ数 1
お問い合わせ1 01267-6-7545
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報