三笠鉄道村

日本で唯一本物のSLが運転できる

三笠鉄道村
敷地内を走っているS-304号
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

北海道鉄道発祥の地(1882年に道内初の鉄道として幌内・小樽手宮間で開通)として、その歴史を残すために設置された施設。敷地内では、本物の蒸気機関車S-304号やミニ鉄道が走る。さらに、日本で唯一、本物のSL運転体験(要申込み・有料)ができるということもあり、全国各地から多くの鉄道ファンが訪れている。

三笠鉄道村 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)。10月16日~4月15日
営業時間 9:00~17:00
料金 入村料 一般 530円 小・中学生 210円 乗車料金 S-304号(1回) 300円 ミニ新幹線(1回) 300円 運行日時は公式サイト参照

アクセス情報

住所 北海道三笠市幌内町2-287MAP
交通アクセス 【車】道央自動車道三笠ICから約15分
駐車場 〇 1000台 無料
キッズ(託児)スペース ◯ 託児スペースはなし
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
お弁当の持込
再入場
飲食店数 1
コインロッカー
お問い合わせ1 01267-3-1123 三笠鉄道記念館
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報