北海道立三岸好太郎美術館

北海道札幌市中央区

三岸好太郎の功績を讃えた個人作家美術館

北海道立三岸好太郎美術館
知事公館の敷地内にあり庭園の豊かな緑に囲まれている
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

1967年、北海道立美術館三岸好太郎記念室として開館。1977年に現在の名前へ改称し、個人作家美術館として運営されている。三岸好太郎は札幌市出身の戦前のモダニズムを代表する画家で、彼の生涯にわたる代表的作品を収蔵・展示している。彼の芸術を様々な角度からとらえた特別展、講演会や音楽会なども随時開催する。2017年に開館50周年を迎え、公募により愛称を「mima(ミマ)」と名づけられた。リニューアル工事も行われ、三岸好太郎の進取の精神に学びながら活動の幅をさらに広げ、北海道ゆかりの若いアーティストたちの紹介などに継続的に取り組んでいる。

  • 今日 25℃19℃
  • 明日 24℃16℃

北海道立三岸好太郎美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)。12月29日~1月3日。展示替期間など
営業時間 9:30~17:00 最終入館16:30
料金 所蔵品展 一般 510円 高校・大学生 250円 中学生以下及び65歳以上(要証明書提示)無料。特別展は別途定める

アクセス情報

住所 北海道札幌市中央区北2条西15丁目MAP
交通アクセス 【電車】地下鉄西18丁目駅から徒歩6分
駐車場 × ビッグシャイン88北1条駐車場を割引料金で利用可
ベビーカー貸出
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
お弁当の持込 ◯ 休憩スペースのみ
再入場
飲食店数 1
ショップ数 1
コインロッカー
お問い合わせ1 011-644-8901
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報