ウトナイ湖

自然が織りなす恵みにたっぷりと触れよう

ウトナイ湖
動植物・野鳥の宝庫が目の前に広がる
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

新千歳空港、苫小牧フェリーターミナルからアクセスしやすい立地環境。ウトナイ湖は1991年に、国際的に重要な湿地の保全を目的とした「ラムサール条約」に登録されており、秋から春にかけて数多くの白鳥が飛来するなど日本有数の水鳥の中継地で、豊かな自然が特徴。敷地内では四季に合わせた音楽や食をテーマにしたイベントも多く開催している。

ウトナイ湖 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 ウトナイ湖
定休日 なし 12/31~1/2、野外テナントは冬期間休み
営業時間 9:00~19:00 11~2月は~17:00
路線名 国道36号沿い
特産販売
おむつ交換室
バリアフリー設計
お弁当の持込
全体備考 博物館など:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

アクセス情報

住所 北海道苫小牧市植苗156-30MAP
交通アクセス 【車】道央自動車道苫小牧東ICから約20分
駐車場 〇 105台 普通車93台、身障者用2台、大型車10台
お問い合わせ1 0144-58-4137
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報