【漫画】大変!“彼氏“が記憶喪失に!?今がアピールのチャンス!!「好き」の次元を履き違えた彼女の行動とは?

全国

ウォーカープラスで人気だった漫画をゴールデンウィークで一気読みしよう!今回は、新作が投稿されるたびに大きな反響を呼んでいるバニラ芭蕉(@vananatamago)さんのショートストーリー4作品を紹介する。とくにおすすめの『記憶喪失の男とストーカー女の話』では、好きな人の記憶喪失をチャンス!と捉える女の子と言動に違和感を覚える男の子の会話に注目して欲しい。

【漫画】大好きな人が記憶喪失!?「大丈夫!私がそばにいます」とポジティブに攻めてみたら?
【漫画】大好きな人が記憶喪失!?「大丈夫!私がそばにいます」とポジティブに攻めてみたら?画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


恋人同士なのに会話に違和感…なぜ?

大好きな人が記憶喪失になったら?慌てて病室に向かう彼女。
大好きな人が記憶喪失になったら?慌てて病室に向かう彼女。画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


病室に馳せ参じる女の子。お見舞いに来てくれたというのに、なぜだか暗い表情の彼氏。その理由は、彼が記憶を失くしているところにタイプとは全然違う女の子が現れ、「彼女です」と名乗ることに違和感を感じていたからだ。2人が本当に付き合っているのか確かめたくて、質問をしてみるとさらなる違和感を覚え始め…!?

一緒に撮影した写真でもあればいいのだけれど…
一緒に撮影した写真でもあればいいのだけれど…画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


男の子からすれば、記憶喪失で全員が見ず知らずの状況。親しいのかそうでないのかわからない怪しい子が突然距離を詰めてくる、という若干不気味なシュチュエーションになっている。実際の出来事として考えると、少々ホラーだ。

証拠1「合鍵」。記憶喪失の男とストーカー女の話(5)
証拠1「合鍵」。記憶喪失の男とストーカー女の話(5)画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


しかし、女の子目線に立つとそこまで暗くない話のような気がするというのは、作者のバニラ芭蕉さん。「彼女からすれば、自分をアピールできるチャンスが舞い込んできたようなものなので」と女の子の視点にも注目して欲しいという。懸命に彼女だとアピールしようと試みる、女の子の不器用さがコミカルに描かれている。

可愛いだけじゃない!?キャラクターの性格にも注目!


証拠2「住所」。記憶喪失の男とストーカー女の話(6)
証拠2「住所」。記憶喪失の男とストーカー女の話(6)画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


見た目は可愛いのにどこかクセのある登場人物も、バニラ芭蕉さんの漫画の特徴だ。このどこか世俗的にズレているキャラクターについても「自分としてはただ軽いだけでなく、少しホラー要素のある人物像を垣間見ていただけるよう工夫しています。イメージとしては友人としてはちょっと嫌だけど、Twitterなどで見かける分には面白いかな?という人物を描くように意識しています」とのこと。好意を履き違えた彼女のちょっと重い「好き」の気持ちが、ラストで大きな引き立て役となる。

友人や家族との会話やエピソードがネタ

証拠3「家の定位置」。記憶喪失の男とストーカー女の話(7)
証拠3「家の定位置」。記憶喪失の男とストーカー女の話(7)画像提供:バニラ芭蕉(@vananatamago)


奇想天外な発想に思わず惹き込まれてしまうバニラ芭蕉さんの作品の発想やネタは、リアルベースだという。「基本的には、友人や家族との会話やそのエピソードです。先生の話に関しては大学生の友人が教育実習に行った時の話を参考にしたり、『昨日フラれた女の子の漫画』については、高校の友人の話を参考にしています。」リアルを誇張しているからこそ、面白いのかもしれない。

今回は『記憶喪失の男とストーカー女の話』『授業中に先生が赤ちゃんになる話』『昨日フラれた女の子の漫画』『自販機って思ったよりうるさいよね』の4作品を収録。また、5月5日(祝)には「コミティア140」(東京ビッグサイト東4・5・6ホール)にて、今回紹介した作品を含む漫画を頒布予定。バニラ芭蕉さんの作品を見られるチャンスだ!

取材協力:バニラ芭蕉(@vananatamago)

詳細情報

■バニラ芭蕉(@vananatamago)
Twitter:https://twitter.com/vananatamago
情報は2022年4月29日 11:00時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。