県立平和台公園

オリンピック聖火の起点となった塔がある公園

県立平和台公園
平和の塔は日本サッカー協会のシンボル、八咫烏をデザインした日名子実三の設計によるもの
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

宮崎県の代表的な観光スポットとして知られる公園。園内にはレンジャーロープやクライムウォールなどの木製アスレチック遊具や、グランドゴルフなどに利用できる運動広場があり、身体を動かすのに最適なスポットだ。また、自然散策路も設けられており、散歩コースとしても利用できる。はにわ園には、さまざまなポーズをしたはにわ400体の他、1940年に建てられた高さ37mの平和の塔がある。園のシンボルでもある平和の塔は、1964年に行われた東京オリンピックでの聖火リレーで起点となった。

県立平和台公園 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 県立平和台公園
定休日 なし
営業時間 終日開放。駐車場は開閉時間あり(時間は駐車場ごとに異なる)
おむつ交換室
バリアフリー設計
ペット同伴
お弁当の持込
再入場
全体備考 運動場:運動広場2面

アクセス情報

住所 宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫6146MAP
交通アクセス 【電車】JR宮崎駅から平和台公園行きバスに乗り約30分、終点下車徒歩1分 【車】東九州自動車道宮崎西ICから約10分
駐車場 〇 296台 無料
お問い合わせ1 0985-35-3181
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報