雲仙ビードロ美術館

ガラス作品の歴史が見られる

雲仙ビードロ美術館
沈みゆく夕陽の輝きを思わせるリベンスキーの代表傑作
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

日本のガラス発祥の地である長崎にある美術館。チェコのボヘミア地方で生まれた19世紀のボヘミアンガラスを中心に、日本のビードロや陶磁器、絵画がコレクションされている。 現代ガラス界の先駆者であり、巨匠として世界的に評価の高いリベンスキーの代表作「Horizon」は見どころの1つ。その他にも、西洋のアンティークガラスや19世紀から20世紀のオイルランプなど魅力的な作品が展示されている。また、館内では予約不要でガラス工作体験もできる。ガラスのストラップ(1300円。送料別途200円)やステンドグラス風写真立て(1800円)など旅のお土産として作ってみよう。

  • 今日 31℃22℃
  • 明日 29℃21℃

雲仙ビードロ美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
営業時間 9:00~18:00 最終入場17:30 ガラス工作最終受付16:00
料金 入館料 大人(18歳以上) 700円 中・高生(13歳以上) 500円 小学生(7歳以上) 300円 小学生未満無料

アクセス情報

住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙320MAP
交通アクセス 【電車】JR諫早駅からバスに乗り西入口バス停下車徒歩5分 【車】長崎自動車道諫早ICから約90分
駐車場 〇 50台 無料
ベビーカー貸出
おむつ交換室
再入場
ショップ数 1
コインロッカー
予約 ◯ 10名以上の場合は要予約
お問い合わせ1 0957-73-3133
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報