高知県立文学館

高知県縁の作家や文学者、作品を紹介

高知県立文学館
古典から現代まで高知の文学世界に触れられる
(C)高知県立文学館
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

高知城の東の麓にある文学館。常設展示では、紀貫之の土佐日記などの古典文学から、県出身の小説家・有川浩らの現代文学まで、高知県に縁のある約40名の作家、文学者とその作品を紹介している。中でも、常設展示室企画コーナーは、折々にテーマを変えた展示資料の入れ替えが特徴だ。メモリアルイヤーを迎えたり、話題になったりした文学者に着目して紹介しているので、来館の度に新しい文学者に触れることができる。また、高知縁の物理学者・文学者の寺田寅彦の幅広い業績と生涯をたどる記念室や、県出身の作家・宮尾登美子寄贈の約600点の資料を随時入れ替えて展示するコーナーもある。

  • 今日 26℃15℃
  • 明日 27℃19℃

高知県立文学館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 年末年始(12月27日~1月1日) メンテナンスなどで臨時休館する場合あり
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 常設展観覧料 一般 360円 高校生以下無料。団体20名以上は2割引 企画展観覧料 展覧会ごとに異なる(企画展観覧券は常設展観覧料を含む、20名以上の団体は2割引)

アクセス情報

住所 高知県高知市丸ノ内1-1-20MAP
交通アクセス 【電車】JR高知駅から徒歩20分。土佐電気鉄道伊野線高知城前停留場から徒歩5分 【車】高知自動車道高知ICから約15分
駐車場 × 近隣の民間有料駐車場を利用
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
再入場
ショップ数 1
コインロッカー
お問い合わせ1 088-822-0231
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【高知県】