田部美術館

田部美術館
建物は日本を代表する建築設計家の菊竹清訓による
画像提供:田部美術館

藩主好みの風流な茶道具や美術工芸品を展示

古い武家屋敷の残る伝統美観地区にあり、小泉八雲の旧居に隣接して建っている。松江藩7代藩主でありながら、風流茶人としても知られた松平出羽守治郷、通称不昧公の縁の品を数多く収蔵する。不昧公お好み道具と呼ばれた注文品や不昧公自身の作品、また楽山焼、布志名焼などの郷土工芸品も展示している。

田部美術館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 田部美術館
定休日 月曜(祝日の場合開館)。12月29日~1月1日。特別展前後に臨時休館する場合あり
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 常設展 大人700円(600円)、大高生400円(300円)、中学生以下は無料 ※()内は10名以上の団体料金
バリアフリー設計

アクセス情報

住所 島根県松江市北彫町310-5MAP
交通アクセス 【電車】JR松江駅からバスで塩見縄手入口停留所下車、徒歩2分 【車】山陰自動車道松江東ICから約20分
駐車場 〇 美術館の駐車場利用時は要問合せ
お問い合わせ1 0852-26-2211 受付9:00~17:00
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【島根県】