地図と測量の科学館

日本初の地図と測量に関する科学館

地図と測量の科学館
球体模型の上に立って見下ろす日本列島は、高度約300 kmの人工衛星から見た地表に相当する
国土地理院
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを展示し、地図や測量の役割を楽しみながら体感できる科学館だ。屋外に設置された直径22mの登れる地球儀「日本列島球体模型」では、その上を歩くと日本の領域の広さや地球の丸みが体感でき、館内にある長さ35mの「日本列島空中散歩マップ」では、山々や近海に連なる海溝などを立体的に見ることができる。また1960年から1983年まで大空を飛び回り、日本列島の航空写真を撮っていた測量用航空機「くにかぜ1号機」の展示もある。

地図と測量の科学館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 地図と測量の科学館
定休日 月曜(祝日の場合は順次翌日) 12/28~1/3 ※その他臨時休館日あり
営業時間 9:30~16:30
撮影可否
バリアフリー設計
お弁当の持込 ◯ 休憩室利用 約20名分
再入場
コインロッカー
全体備考 団体(15名以上)でガイドやビデオ上映を希望する場合要予約。 コインロッカー100円(コイン返却制)

アクセス情報

住所 茨城県つくば市北郷1MAP
交通アクセス 【電車】つくばエクスプレスつくば駅からバスで約10分 【車】圏央道つくば中央ICから約20分
駐車場 〇 無料 バス4台、一般車両12台、その他駐車スペースあり
お問い合わせ1 029-864-1872 団体見学問い合わせ窓口
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報