牛の博物館

牛の博物館

このページをスマホで見る

岩手県奥州市
牛の博物館

牛の博物館

世界のさまざまな牛を紹介
画像提供:牛の博物館

世界で唯一の牛の「登録博物館」

牛と人類との関わりは古く、旧石器時代の壁画にも牛の姿が描かれているという。乳牛・肉牛はもちろん、野牛や水牛まで、幅広く牛について民俗資料を紹介。そして一番の目玉は、1995年の開館時に日本で初めて作られた胃袋標本だ。大きいものでは200lほどもある。高級牛でおなじみの黒毛和牛の剥製など、前沢牛で有名な奥州市ならではの博物館だ。

見どころ

日本唯一の牛の「登録博物館」。牛のはく製や野牛の化石、海外の民俗資料から前沢牛の歴史まで牛と人との関わりを豊富な資料で紹介している。牛を通して人と自然の関係を考えることができる。

  • 今日 29℃23℃
  • 明日 28℃23℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。