染めの型紙東北歴史博物館 テーマ展示室2

このページをスマホで見る

営業期間:2024年4月5日(金)~9月1日(日)

月曜休館(祝休日の場合は開館し翌平日)、8/13は開館 ※発券は16:30まで

宮城県多賀城市
染めの型紙

東北歴史博物館 テーマ展示室2

型紙(鯉の滝のぼり)

型掘りと型染めのわざ

染めの型紙は、布に模様を塗るために用いられる。模様は柿渋で和紙を張り重ねた地紙に彫られており、「型彫り」には高い技術が必要とされ、型紙は修行を積んだ職人によって作られた。型紙を用いた染め方では、反物に型紙を置き、その上から色が染まらないよう糊を塗り置き、これを繰り返して色を染め付ける。「型染め」において、染色は熟練した技術を要した。本展示では型紙や染め物を通して、型掘りと型染めのわざを紹介する。

情報提供:イベントバンク
  • 今日 29℃24℃
  • 明日 31℃25℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年7月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。