神戸港震災メモリアルパーク

兵庫県神戸市中央区
神戸港震災メモリアルパーク
被災部周囲に設けられた回廊を歩いて見学できる
画像提供:神戸港震災メモリアルパーク

大震災の教訓と港の重要性を後世に伝える

1995年に発生した阪神淡路大震災によって被災したメリケン波止場の一部、約60mをそのままの形で保存し、見学できるように整備したのが神戸港震災メモリアルパークだ。展示スペースでは神戸港の被災状況、復旧の過程、復興計画などを写真パネルや模型、映像で紹介している。また施設内にはメモリアルパークのシンボルとして神戸港の復興を記念するモニュメントも設置している。 ★新型コロナウイルス感染症拡大防止対策★看板やアナウンスで注意喚起

神戸港震災メモリアルパーク スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 神戸港震災メモリアルパーク
定休日 なし
営業時間 終日開放。映像展示は9:00~22:30
バリアフリー設計
ペット同伴 ◯ 要リード

アクセス情報

住所 兵庫県神戸市中央区波止場町2MAP
交通アクセス 【電車】JR・阪神電鉄元町駅から徒歩10分 【車】阪神高速道路京橋出入口から約5分
駐車場 ×
お問い合わせ1 078-321-0085 神戸港“U”パークマネジメント共同事業体
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報