セレネ美術館

絵画を通して黒部峡谷の大自然を紹介する美術館

セレネ美術館
2階にセレネ美術館とカフェがあり、4階は700席の大ホールがある
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

黒部峡谷の大自然をテーマに、黒部市字奈月国際会館内に建てられた美術館。平山郁夫、塩出英雄、福井爽人、田渕俊夫、 竹内浩一、手塚雄二、宮廻正明という、現代日本画壇を代表する7人が、同館の基本理念「かけがえのない黒部の大自然を絵画を通して後世に残していく」ことに賛同し、実際に黒部を周り作品を制作。完成した作品が常設展示されている。絵画を通して、黒部の厳しくも美しい自然をいつでも見ることができる。

  • 今日 25℃15℃
  • 明日 21℃17℃

セレネ美術館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 4月~10月は無休。11月~3月は火曜(祝日の場合開館)、12月29日~31日
営業時間 9:00~17:30 最終入館17:00
料金 通常入館料 大人 610円 高・大学生 510円 中学生以下無料。障害者割引あり(要証明書) 企画展入館料 展覧会により料金が異なる

アクセス情報

住所 富山県黒部市宇奈月温泉6-3MAP
交通アクセス 【電車】富山地方鉄道宇奈月温泉駅から徒歩5分【車】北陸自動車道黒部ICから約25分
駐車場 〇 50台 美術館前に15台(無料)、徒歩1分のところに35台(無料)
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
飲食店数 1
お問い合わせ1 0765-62-2000 (代表)
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報