【臨時休館】太宰治記念館「斜陽館」

青森県五所川原市
【臨時休館】太宰治記念館「斜陽館」
明治時代の貴重な木造建築物として国の重要文化財に指定されている
画像提供:かなぎ元気倶楽部

太宰治の直筆原稿など関連資料300点を公開

【※当面の間、臨時休館しています。詳細はHPをご確認ください】建物は元々、太宰治の父で衆議院議員であった津島源右衛門が1907(明治40)年に建築した約2200平方メートルの豪邸。戦後は、旅館「斜陽館」として46年間営業していたが、1996(平成8)年に町が買い取り、1998年から太宰治記念館として開館。2004年には国の重要文化財に指定された。蔵を利用した展示室には、「走ラヌ名馬」など太宰の直筆原稿をはじめ、初版本、書簡、愛用していた執筆用具、着用していたマントなど約300点を展示している。また、津島家の生活の様子や建物の魅力を伝える無料ガイド(所要時間約30分、常設・特別展は除く)を行っている他、ショップでは、図録、ブックカバー、名刺入れなどオリジナルグッズも販売している。

【臨時休館】太宰治記念館「斜陽館」 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 【臨時休館】太宰治記念館「斜陽館」
定休日 12月29日
営業時間 4~9月9:00~17:30(最終入館は17:00)、10~3月9:00~17:00(最終入館は16:30)
料金 入館料:一般600円、大学・高校生400円、中学・小学生250円、小学生未満無料
国宝・重要文化財
再入場

アクセス情報

住所 青森県五所川原市金木町朝日山412-1MAP
交通アクセス 【電車】津軽鉄道金木駅から徒歩7分 【車】津軽自動車道五所川原北ICから約15分
駐車場 〇 50台 無料
お問い合わせ1 0173-53-2020
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報