稚内市青少年科学館

稚内市青少年科学館
赤と白の稚内灯台は日本で2番目の高さを誇る
画像提供:稚内市青少年科学館
※ 本ページ記載の内容は2021年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

最北の地ならではの科学館

日本最北端の街にあるノッシャップ岬先端部に位置し、国内で2番目の高さを誇るノシャップ灯台とノシャップ寒流水族館に隣接した科学館。南極観測の歴史を学び科学の不思議を体験することができる。南極越冬隊資料展示コーナーでは、歴代の南極観測船「宗谷」「ふじ」「しらせ」の模型や、実際に南極観測で使用された犬ぞり、南極の石、樺太犬タロ、ジロの関係資料を展示している。科学展示コーナーでは、電気や磁石、鏡などを使って科学の不思議を遊びながら体験できる。また、道内で稼働している中で最も古い投映機があるプラネタリウム室では、毎月投映内容を変更して、当月に見える星座などを紹介している。

  • 今日 5℃1℃
  • 明日 7℃2℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

稚内市青少年科学館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 稚内市青少年科学館
定休日 4月1日~4月28日、12月1日~翌年1月31日(整備休館)
営業時間 4月29日~10月31日 9:00~17:00 (最終入館16:40)。11月1日~11月30日および2月1日~3月31日 10:00~16:00 (最終入館15:40)
料金 水族館(科学館含む) 高校生以上500円(400円)、小・中学生100円(80円) ※()は団体(20名以上)料金。科学館・水族館年間パスポート 高校生以上1000円、小・中学生300円
再入場
予約 ◯ 団体は要予約
全体備考 プラネタリウム:プラネタリウムを観覧する場合は、入館料とプラネタリウム観覧料が必要

アクセス情報

住所 北海道稚内市ノシャップ2-2-16MAP
交通アクセス 【電車】JR稚内駅からバスでノシャップ停留所下車、徒歩5分 【車】JR稚内駅から道道抜海港線経由で約15分
駐車場 〇 20台 無料
お問い合わせ1 0162-22-5100 団体の場合、小中学校等の課外活動があるため、事前の確認が必要
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。