古墳文化の北限域 -入の沢遺跡-東北歴史博物館 テーマ展示室1

このページをスマホで見る

営業期間:2024年4月5日(金)~9月1日(日)

月曜休館(祝休日の場合は開館し翌平日)、8/13は開館 ※発券は16:30まで

宮城県多賀城市
古墳文化の北限域 -入の沢遺跡-

東北歴史博物館 テーマ展示室1

入ノ沢遺跡出土 珠文鏡

土師器や銅鏡、玉類などの装身具を紹介

入の沢遺跡は宮城県栗原市に所在する古墳時代前期後半(4世紀後半)の遺跡である。発掘調査の結果、大溝と塀によって区画された防御性の高い拠点集落で、建物跡からは銅鏡や装身具などの資料が多く出土した。本遺跡は古墳時代前期の古墳文化北限域の様相を考えるうえで重要な遺跡であると評価され、平成29年に国の史跡に指定された。本展示では、入の沢遺跡の性格を考えるうえで重要な資料となった土師器や装身具を紹介する。

情報提供:イベントバンク
  • 今日 28℃18℃
  • 明日 27℃19℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年6月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。