中冨記念くすり博物館

自然から薬を生み出した日本の知恵

中冨記念くすり博物館
館内で昔の薬種問屋を再現
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

江戸時代中期に田代売薬が興った佐賀県鳥栖市で、くすりの歴史を伝える。日本のくすり文化が分かるのは、主に2階の展示室で、自然界から採れるくすり(生薬)や、その基となる生薬を紹介している。鉱物性生薬の紫石英や、タツノオトシゴを乾燥させた海馬、よく知られた朝鮮人参など、興味深い展示がそろう。敷地内にはおよそ400種類を栽培する薬木薬草園も。

中冨記念くすり博物館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 中冨記念くすり博物館
定休日 月曜日 祝日の場合は翌日
営業時間 10:00~17:00 LO:16:30 最終入館
料金 一般 大人 300円 大学生 200円 高校生 200円 中学生 100円 小学生 100円 シニア 200円 団体 大人 200円 大学生 100円 高校生 100円 中学生 50円 小学生 50円
ベビーカー貸出
おむつ交換室
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
お弁当の持込 ◯ エリア限定 ・ 庭園と植物園内のみ
再入場
コインロッカー
全体備考 再入場:入館券を提示

アクセス情報

住所 佐賀県鳥栖市神辺町288-1MAP
交通アクセス 【電車】JR弥生が丘得駅から徒歩17分 【車】長崎自動車道鳥栖ICから5分
駐車場 〇 18台 無料
お問い合わせ1 0942-84-3334
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【佐賀県】